キャンプ

北海道赤井川で今年初キャンプ

どうも、バジさんです。

今日は先日訪れたキャンプ場「AKAIGAWA TOMO PLAYPARKキャンプフィールド」を

紹介したいと思います。

子どもたちに自然を体験してほしくて始めたキャンプなのでまだ手探り状態ですが、

北海道キャンプを検討している方の参考に慣れば嬉しいです。

この記事はこんな人におすすめ
  • これからキャンプを始めようと思っている人
  • 札幌近郊のキャンプ場を探している人
  • 焚き火ができるキャンプ場を探している人

結論:自然に囲まれたまた行きたくなるキャンプ場

今年はじめてのキャンプでしたが、天候にも恵まれ大成功でした。

今年から本格的にキャンプを始めたので比較はできませんが、

周りも自然に囲まれていて、川も流れていて最高の思い出になりました。

子どもたちも川に入ったり、走り回ったりで夜7時には寝てしまうほど、楽しんだようです笑

どんなキャンプ場?

2021年からオンライン予約制

調べたところ2021年からオンライン予約制に変更となったようです。

13時半~17時までの通常チェックインと

11時~13時まで(30分刻み)のアーリーチェックインがありました。

おそらくコロナの影響下と・・・

今回バジさんは、キャンプ場予約サイト「なっぷ」でアーリーチェックインで予約して行きました。

いざ受付

受付のハウスは非常にきれいでした。

予約時間に到着することができたので、そのまま入ることができました。

支払いもオンライン決済を選択していたので、スムーズにチェックイン完了。

キャンプ場のレイアウト

キャンプ場のレイアウトです。

車が通れる道は基本、一方通行になっています。

12時半ころのチェックインでしたが、トイレ近くは空いてなかったですね。

ちなみにトイレはきれいでした。

場所によってはオートサイト!?

車道沿いに駐車できるので、場所によっては「ほぼオートサイト」のような形で

キャンプを楽しむことができます。

木々に囲まれているので、日陰にテント設営できれば、夏でも涼しく過ごせますね。

近くの小川がきれい

レイアウトの左上の方に小川に抜ける道があります。

お子さんが川に入ったり、釣りをしたりして楽しんでいる家族がいました。

川に入る場合は水量などに十分注意しましょう。

夜ご飯はBBQ

今回のキャンプではじめて使った「焚き火台」兼「BBQコンロ」が大活躍でした。

普通のコンロより薄型なので、荷物も少し減りました。

ちなみに、購入したのはユニフレームの「ファイヤグリル」です。

炭床と網の間にスペースがあるので、炭の出し入れがすごいしやすかったです。

キャンプ場を歩き回っているとロゴス(LOGOS)の焚き火台を使っている家族が多かったですが、

バジさん的には焚き火台に迷っている方へおすすめしたいですね。

お待ちかねの焚き火

BBQが終わって子どもたちが寝たあとは、待ちに待った焚き火をやりました。

炭の上に、ただ薪を入れていただけでしたが、非常に満足でしたね。

何時間でも見ていられます笑

薪は近くの道の駅で700円で購入。

キャンプ場にも販売していました。

今回は初めてということもあり、とりあえず1束購入しましたが、

意外とあっという間にすべてを使い切ってしまいました。

次からは2束準備しようかなと思っています。

残念なところ

大満足のキャンプでしたが、残念なところをしいてあげるとすれば2つです。

  • 近くに温泉がない(あるけど少し遠い・受付にシャワー室あり)
  • 子供用の遊具はない

近くに温泉がない

一日遊んで、汗をかいたあとはお風呂に入りたいですよね。

ただ、近くには温泉のような施設はありません。

汗を流す場合は、受付のシャワー室を使うか、車で20分ほどの温泉に行くかの2択です。

温泉は当時コロナの影響で営業をしていませんでしたが、7/1に通常営業となったようです。

幸い日陰にテントを設営できたので、今回のキャンプではお風呂に入らず、帰宅後シャワーを入りました。

子供用の遊具はない

バジさんの失敗ですが、はじめてのキャンプということもあり、泊まることばかりに気を取られてしまい、

子どもたちの遊び道具をほぼ持ってくるのを忘れました笑

はじめてのキャンプ場だったので、川にはいって遊んだり、探検したりすることで時間が立ちましたが、

次にいくとしたらボールや水鉄砲などの遊び道具を持って行こうと思います。

道の駅「赤井川」

キャンプ場から10分ほどのところにある道の駅「赤井川」

非常ににきれいな道の駅でした。

行きはお昼ごはんをこちらでいただきました。

道の駅の裏は庭のようになっていて、きれいな花や人工の川で楽しみながら食事することができました。

まとめ

2021年はじめてのキャンプは大成功でした。

どうでしたでしょうか?

札幌から近い

自然豊か

焚き火可能

設備もきれい

上級者の方には物足りないかもしれませんが、

バジさんと同じようにキャンプ初心者の方にはおすすめのキャンプ場です。

札幌近郊でお探しの方の候補に入れば幸いです。

以上、バジさんでした。